コレスポンデンスシート風便せん作成

IMG_0462

便せんの周りを縁どって、コレスポンデンスシート風にしてみました。マステは5ミリ幅ですが、3〜4ミリ幅の方がコレスポンデンスシートっぽく見えるかと思います。無地マステの色を楽しんで頂きたいので、少し太めの5ミリ幅です。今回は角丸加工せず、角をマステ二重にしたアクセントをつけています。(ピンクのみ重ね無し)

IMG_0463

こちらは実験作。紫色は9ミリ幅、茶色は7,5ミリ幅。(角重ね無し)  封筒は1枚目画像のマステの余りで作成しています。太めも好きですが、コレスポンデンスシート風というよりかは、マステふちどりな感じがします。

倉敷うさぎやさんインクマステ便せん作成

IMG_0438

先週作成した試作品を元に、インク柄マステの便せんを作成しました。左が量産品、右は量産する前の試作品その2です。試作品2の方が好みではありますが、ケイ線を捺す際の色抜きに時間を取られてしまうので、後からシールを足すやり方にしました。4枚程度の作成なら右側を採用しますが、今回30枚ぐらい量産してしまったので(笑)。

このマステは、消しゴムはんこで捺した様な感じのデザインがかわいいです。ナガサワ文具センターのインクマステはシールで全部デコレーションしたくなりますが、こちらは消しゴムはんこが使いたくなりました。

マステ+ケイ線スタンプ便せんの実験

IMG_0437

マステを使用すると便せんの生産性がアップするのですが、画像の様なタイプは今まで殆ど作成してきませんでした。多分、書きスペース部分のケイ線の収まり具合を気にして…だと思うのですが、今回試してみたら、全然イケますやん!と(笑)。15ミリマステだと無駄なく文章が書き込めます。

そういうわけで、心おきなく【倉敷うさぎやさんのインクボトルマステ】をネット注文したのでした。